ジャナルの株式売買・配当・IPO

ジャナルによる株式の売買、配当、IPOのブログ

淺沼組(1852)は来期配当292円なら、利回りは6.6%

淺沼組(1852)は21/3期までの中期計画で、配当予想を20/3期208円、21/3期292円としています。これは20/3期純利益42億円、配当性向40%以上、21/3期純利益47億円、配当性向50%以上という計画に沿ったものです。

 

12月2日の終値4,375円に対する配当利回りは、20/3期が4.75%、21/3期では6.67%になります。かなり高い利回りですが、これは市場が20/3期の純利益47億円の達成を懸念しているか、あるいは21/3期以降の減配の可能性を感じているからなのかもしれません。

 

ただ足元の業績は堅調で、19/9上期純利益は当初計画の12億円を上回り22億円での着地となりました。会社側は20/3通期の計画を修正していませんが、受注残高も豊富で下期は余裕があるとみられます。20/3期業績が中期計画に沿った数字を達成できれば、21/3期への期待も高まると思われます。

 

にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村