ジャナルの株式売買・配当・IPO

ジャナルによる株式の売買、配当、IPOのブログ

個別銘柄

タスキ(2987)、100株ゲット

タスキ(2987)、SBI証券で100株ゲット。ポイントでなく、普通の当選です。申し込み株数は2万株でした。こんなことってあるんですね~。SBIでは相当な資金を積んでいても落選があたりまえなので、驚きました。 上場日は2020年10月2日(金)。670円×100株ですが、…

STIフード(2932)、IPOでの取得株数は500株

STIフードホールディングス(2932)のIPOでの取得株数は500株です。 東証2部上場で、時価総額は104億円、オファリングレシオは27%です。水産原料を素材とする食品製造・販売会社であり、人気はなさそうです。プラス要素は、VCが保有してないこと、IPO価格が上…

I-ne(4933)、IPO取得株数は600株

I-ne(4933)のIPO取得株数は600株です。 目論見書の想定仮条件は2,050円~2,890円でその平均は2,470円でしたが、仮条件は2,580円~2,890円となりIPO価格は上限の2,890円で決まりました。発行済株式数は863万株、オファリングレシオは28.5%、時価総額は250億…

ソフトバンク(9434)のPO、取得は7,000株

ソフトバンク(9434)のPOでの取得は7,000株です。かなり厳しい配分でした。 2~3日前はまでとは様相が一変、ジャブジャブから急にタイトになりました。連日の株価下落により割安感が出てきたため、需要が一気に出てきた感じです。 確かにPO価格1,204.5円なら、…

雪国まいたけ(1375)、1,000株→1,500株取得に訂正

雪国まいたけ(1375)のIPO取得株数は、1,000株→1,500株に訂正です。仮条件(2,000円~2,400円)の上限で決まらなかったこと、売出総額が440億円(親会社の神明へ親引け分を除く)と大きいことなどから、だぶつき感があります。 IPO価格2,200円×1,500株で330万円の…

雪国まいたけ(1375)、1,000株取得

雪国まいたけ(1375)のIPO取得株数は1,000株です。 ベインキャピタルのEXIT案件ですが、全株を売り出します。上場時には親会社の神明(非上場)が50%、残りをIPOで購入した株主が保有することになります。 IPO価格は2,200円で、仮条件の2,000円~2,400円の中間…

米国株への追加投資、アップル(AAPL)を新規買いか

2020年2月に米国株に初参入しました。保有しているのはアルファベット(GOOG)、アマゾン(AMZN)、マイクロソフト(MSFT)、イルミナ(ILMN)、AT&T(T)、ジョンソン&ジョンソン(JNJ)、プロクター・アンド・ギャンブル(PG)、ウォルマート・ストアズ(WMT)、ウォルト・…

トラスコ中山(9830)、株主優待より成長投資を重視

トラスコ中山(9830)が、本日(2020年8月21日)13:00に株主優待制度を廃止すると発表しました。100株以上で5,000円、1,000株以上で10,000円の商品をカタログから選択できる優待でした。 公表資料によれば、5万名の株主に贈る優待品費用は2億3,000万円。この費用…

ソフトバンク(9434)、1,500円以上に積層雲

ソフトバンク(9434)の本日(2020年8月19日)の終値は1,502円でした。1,500円を超えるのは2020年2月21日以来です。 2018年12月のIPO価格は1,500円でした。16億株もの売り出しで初値は1,463円と公開価格割れ、その後も株価は長らく低迷し、上場来の高値は2019年9…

ソフトバンク(9434)と1,500円

ソフトバンク(9434)が1,500円以上で定着するような気がしています。2018年12月のIPO価格1,500円が大きな壁となっていますが、もう勘弁してあげて良いのではないでしょうか。 特に根拠はありません。上場後1年8か月という相応な期間、頑張っている配当、子会…

REITのPOは続く

リート、インフラファンドのPOが相次いでいます。2020年8月13日には、三菱地所物流リート(3481)、東京インフラファンド(9285)、本日(8月17日)はラサールロジポート(3466)、森ヒルズリート(3234)がPOを発表しています。 1年ほど前まではほぼ全銘柄応募してい…

アートスパークホールディングス(3663)、上昇

アートスパークホールディングス(3663)が、2020年8月7日の決算発表を受け急伸しました。7日の株価815円に対し、14日引値は1,395円と4営業日で+71%の上昇です。お絵描きソフトの貢献で好決算であったことに加えて、巣ごもり関連銘柄としての認知が広がったと…

ロコガイド(4497)、全株売却

決算を期待して400株残していたロコガイド(4497)を、昨日(2020年8月14日)の寄付き5,750円で全て売却しました。残ゼロです。 IPO取得単価は2,000円、売却平均単価は6,080円でした。取得株数は1,300株なので、約530万円の利益(税前)でした。高値8,780円まであ…

ロコガイド(4497)、逃げ遅れ

ロコガイド(4497)をIPOで1,300株取得しました。本日(2020年8月13日)の決算前までに900株を売却しましたが、400株は保有したまま引け後の決算を迎えました。期待していましたが、厳しかったです。明日は相当な下落を覚悟しなければなりません。 今回の決算跨…

決算を受けての反応

昨日(2020年8月6日)の決算を受けて、本日(8月7日)は様々な反応がありました。 保有株の中で好反応だったのは、島津(7701)+14.0%、ライト工業(1926)+7.3%、悪かったのは、ダイワボウホールディンス(3107)-14.2%でした。 さて日本は3連休です。いろいろ決算…

決算いろいろ

昨日(2020年8月5日)の決算で、良かったと思ったのはMCJ(6670)でした。本日(8月6日)の株価上昇を期待しましたが、終値は1,000円(+24円)と小幅高でした。市場の期待をやや上回る程度の決算だったということです。少しがっかり。 本日の決算では、ダイワボウホ…

産業ファンド(3249)、POでの取得は5口

産業ファンド(3249)のPOでの取得は5口でした。証券会社にとって小口客なので、5口の配分でもありがたいです。 産業ファンドの予想分配金は21/1期、21/7期とも3,158円です。年間では6,316円、本日(2020年8月5日)の終値189,400円に対する利回りは3.3%となりま…

揺れる心、産業ファンド(3249)のPOに申し込み

本日(2020年8月4日)は、産業ファンド(3249)のPO申し込み最終日でした。IPOやPOはブックビルディング初日か2日目に申し込むようにしているのですが、今回は悩んだ末、最終日に申し込みました。 物流リートはなるべく売らずに持っているのですが、先日インデッ…

NTTドコモ(9437)とソフトバンク(9434)

大手携帯3社のうち、NTTドコモ(9437)とソフトバンク(9434)を配当目的で保有しています。 本日(2020年8月3日)引け後にNTTドコモ(9437)は決算を発表、21/3通期配当を従来予想の120円(中間期60円、期末60円)から125円(中間期62.5円、期末62.5円)に増額しました…

直近IPO銘柄の取得とその後の状況

2020年6月より再開されたIPOですが、7月までの2か月間で上場したのは13銘柄でした。私が取得できたのは2銘柄だけです。以下はその2銘柄の売却、保有状況です。 ロコガイド(4497)の取得株数は1,300株、IPO価格は2,000円でした。上場日は2020年6月24日で初値は…

業績も株価も厳しいですが、買い方針で臨みます

2020年7月31日のTOPIXは4日続落で1,496ポイントと、5月22日以来の1,500ポイント割れとなりました。コロナの影響で企業業績は悪くても、金融緩和による金余りで株価は上がるというパターンに納得してましたが、こうして下げが来ると、ん?という気持ちになり…

物流リートの強さが鮮明

物流リートの投資口価格の強さが際立っています。本日(2020年7月31日)は、日本プロロジス(3283)、ラサールロジポート(3466)、三井不動産ロジスティック(3471)、三菱地所物流(3481)が上昇来高値を更新しました。他の物流リートも軒並み昨日、一昨日に上場来高…

キヤノン(7751)の減配について

キヤノン(7751)は20/6中間期の配当を40円としました(19/6中間期は80円)。日本経済新聞によれば33年ぶりの減配とのことです。 期間の利益よりも多くの配当を出すこともありましたが(いわゆるタコ配)、ついに減配を決断したわけです。もともと累進配当を宣言し…

アサヒホールディングス(5857)、増額修正と増配を発表

アサヒホールディングス(5857)は本日(2020年7月29日)、20/6第1四半期業績と21/3通期業績の増額+増配を発表しました。 21/3通期予想当期利益は従来予想106億円→140億円(20/3通期実績98億円)、配当は140円→160円(同130円)への増額です。貴金属回収量の確保と…

東京エレクトロン(8035)、新光電気工業(6967)の決算

本日(2020年7月28日)引け後に、東京エレクトロン(8035)と新光電気工業(6967)の20/6第1四半期決算が発表されました。 東京エレクトロン(8035)の20/6第1四半期営業利益は738億円(前年同期比+73.6%)で、20/9中間期の会社計画営業利益1,270億円(同24.0%増)に対…

決算シーズンの中で、電力、通信が堅調

3月期決算企業の第1四半期(4-6月)の決算発表が始まりました。コロナの影響がまともに反映される期間の決算です。食品スーパー、オンライン会議や授業など、コロナで需要が伸びた企業は別として、大半の企業の業績は相当厳しいでしょう。 今日(2020年7月27日)…

東証REIT指数の浮動株比率見直し

東証REIT指数の浮動株比率の定期見直しが2020年7月31日に実施されます。実務的にはその前日である7月30日にインデックスファンドのリバランスが発生する見込みです。 今回はサンケイリアルエステート(2972)、伊藤忠アドバンス・ロジスティックス(3493)、エス…

東急(9005)、西武(9024)が安値更新、市場は冷静

東急電鉄(9005)と西武ホールディングス(9024)の株価が、コロナショックの3月安値を下回り年初来安値をつけています。 電鉄株の中ではJR東日本(9020)、JR西日本(9021)、JR東海(9022)。JR九州(9142)の上場JR全社が年初来安値を更新していますが、民鉄では東急…

ヴィッツ(4440)を分売と市場で購入

ヴィッツ(4440)を立会外分売で100株購入しました。分売価格は2,129円で、2020年7月20日終値2,218円に対して4.0%のディスカウントです。 分売では100株しか購入できなかったので、市場で追加購入しました。寄付きからしっかりした動きで下値の指値は出来ず、2…

日本郵政(6178)を第二次売出しで買い、今も保有

日本郵政(6178)を2017年9月の第二次売出しで取得し、そもまま保有しています。 売出価格は1,322円でした。2020年7月17日終値は779円です。受け取った配当金は18年3月57円、19年3月期50円、20年3月期50円でした。時価の779円に3年分の配当金157円を加えても93…