ジャナルの株式売買・配当・IPO

ジャナルによる株式の売買、配当、IPOのブログ

最近、かなり調子が良いです

このところ株の調子がかなり良くなってます。個別銘柄を以下に挙げます。

 

1)IPOで取得しキープしているロコガイド(4497)が、公募価格2,000円→8,150円(2020年7月8日終値)に上昇。

2)NEC(6701)、大塚商会(4768)、ウチダエスコ(4699)、ダイワボウホールディングス(3107)など、1ヵ月くらい前に購入した情報システム関連が上昇。

3)東京エレクトロン(8035)、SCREENホールディングス(7735)、新光電工(6967)など2~3週間前に買い増した半体関連が上昇。

4)株価が低迷していたライト工業(1926)、日特建設(1929)が、災害関連として見直された。

5)保有リートの70%を占める物流リートと住宅リートの多くが上場来高値を更新。

6)アマゾン(AMZN)、マイクロソフト(MSFT)、アルファベット(GOOG)を中心とした米国株が好調。

 

これらの好調銘柄群が、ダメダメな日本郵政(6178)、三菱商事(8058)、オフィスリートをカバーしてくれて、大いに助かってます。上がっている株は売らず、GAM(アルファベット、アマゾン、マイクロソフト)など米国株を中心に少しづつ買い増して行きたいと思います。一方で、オフィスリートはもう少し減らしたいところです。

 

にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

リテールパートナーズ(8167)が増額修正で年初来高値更新

本日(2020年7月2日)10時30分に、リテールパートナーズ(8167)が業績予想の修正を発表しました。20/8中間期営業利益は、期初計画18.5億円0→41.0億円、21/2通期では期初計画40.0億円→62.5億円と大幅な増額修正でした。ステイホーム、巣ごもり消費で、やはり食品スーパーは大きく収益を伸ばしています。

 

これを受け株価は急伸、引値は1,838円(前日比+206円)と年初来高値を更新しました。リテールパートナーズは4月の東証一部昇格に伴うインデックス買いと、それを先回りした買い、そしてその反動を狙った空売りが交錯し、信用売り残が73万株と積み上がった状態でした(買い残は7万株)。信用で売っている方には、痛いタイミングでの増額修正となりました。

 

売りたくなる気持ちは充分にわかる状況でしたが、現時点では裏目になってしまっています。好業績銘柄の空売りはリスクが高いと改めて感じました。

 

にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
にほんブログ村

ジャナルの株式売買・配当・IPO - にほんブログ村

四季報を買いました

2020年6月26日(金)は、会社四季報の発売日でした。私は四季報オンラインを契約しているので、いつもはハードの本は買いません。

 

ただし今回の夏号(第3集)は本も購入しました。3月決算企業が多いので、その3月期実績と会社側の見通しが掲載される夏号は、一番価値があると思うからです。紙ベースのものはやはり見やすいですし。数年分の夏号があるとけっこう便利です。

 

まだ全部は見てませんが、保有株の中ではウチダエスコ(4699)のが数字、コメントとも良く、26日の株価は5,850円(前日比+8.1%)と反応しました。

 

発売日だけでは反応しきれず後になって上がってくる銘柄もあるので、じっくり読むことが大切ですね。

 

にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
にほんブログ村

ジャナルの株式売買・配当・IPO - にほんブログ村

 

日特建設(1929)、ライト工業(1926)の株主総会

昨日(2020年6月25日)、日特建設(1929)とライト工業(1926)の株主総会が開催されました。業界1、2位企業の総会が同日同時刻というのは困ったものですが、どうしようもありません。

 

まずは日特建設の方に参加し、早く終わればライト工業に回るという予定を立てました。10時開催の日特建設の総会は、参加者も少なく15分で終了しました。すぐに地下鉄で数駅のライト工業の会場に向かいました。しかしライト工業の総会も40分程度で終了したようで、到着したのは閉会後でした。受付で「終わりました。議決権行使書を頂ければこれを差し上げます」と1,000円のクオカードを頂きました。

 

ライト工業の鈴木社長の話を聞けなかったのは残念でした。来年はぜひ開催日をずらして欲しいものです。総会は今週でほぼ終了し、残っているのはエムスリー(2413)だけとなりました。

 

にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
にほんブログ村

ジャナルの株式売買・配当・IPO - にほんブログ村

ロコガイド(4497)、一部売却

IPOで1,300株取得したロコガイド(4497)は、2020年6月24日の上場初値4,605円で300株を売却し、1,000株は保有することにしました。

 

それにしてもIPO再開後のエネルギーはすさまじいです。3社同日上場でしたが、ロコガイドが初日に寄付きその後ストップ高、コパ・コーポレーション(7689)は上場2日目の本日(2020年6月25日)に寄付き、その後ストップ高、フィーチャ(4052)は2日目も寄らず、3日目に突入です。

 

ロコガイド以外はこれまでのところ取得できていません。1社でもIPOに参加でき、それが高騰しており良かったと思います。Branding Engineer(7352)、Speee(4499)、アイキューブドシステム(4495)、GMOフィナンシャルゲート(4051)、KIYOラーニング(7353)、どれかが取れると良いのですが、どうなるでしょうか。

 

www.janal.work

にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
にほんブログ村  

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

 

満員電車とオフィスリート

リモートワークは着実に広がっていると思います。でも朝の電車は、また満員になってます。何だかわかりませんが、結局オフィスに行く人が多いということなのでしょう。となるとオフィスは必要ということになり、解約はあまり出ないのかも知れません。 オフィス縮小がどこまで進むのか、なんとなく懐疑的になってます。

 

一方で、オフィスリートの投資口価格は、物流リートや住宅リートに比較し大きくアンダーパフォームしています。解約に伴う減配を警戒しているためです。

 

満員電車の復活とオフィスリートの投資口価格低迷。相反する感じですが、私は投資口価格の方が正しいような気がします。つまりオフィスの解約はやはり増加すると思います。物流>住宅>オフィス>商業>ホテル、このリートのタイプ別選好順位は変わらないでしょう。

 

にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村

 

 

東京エレクトロン(8035)の株主総会に参加

2020年6月23日、東京エレクトロン(8035)の株主総会に出席しました。事前に参加申し込みをして、会社側から郵送された参加証に体調などのチェックを書き込むという、少々面倒な手続きを経ての参加です。

 

それでも参加したいと思うのが、東京エレクトロンの総会のレベルです。業績や事業の状況、目指す方向など、しっかりと説明がされました。質問に対する回答も素晴らしいかったです。

 

半導体製造装置市場は、アプライドマテリアル、ASML、東京エレクトロン、ラムの4社で60%のシェアを握っています。東京エレクトロンは3位ですが、リソグラフィ、成膜、エッチング、洗浄の基幹4技術を全て有しています。

 

2020年の事業環境は、半導体前工程製造装置の設備投資が前年比+10%、FPD(フラットパネルディスプレイ)向け設備投資が前年比+15%と見込んでいます。これにより21/3期は売上高12,800億円(前期比+13.5%)、営業利益2,750億円(同+15.9%)、EPS1,318円(前期1,170円)となる見通しです。当社は配当性向50%を基準としており、予想配当は660円です。

 

データ通信量の拡大が続く中、半導体と半導体製造装置の需要はますます増加していくでしょう。やはり良い会社だど再認識しました。

 

にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村