ジャナルの株式売買・配当・IPO

ジャナルによる株式の売買、配当、IPOのブログ

STIフードホールディングス(2932)を購入

STIフードホールディングス(2932)を購入しました。2020年9月25日の上場時以来、久々の参戦です。当時の公開価格は1,900円、初値は2,080円でした。私は500株を取得して初値売りで90,000円の利益(手数料、税前)を得ましたが、これは失敗。上場後の評価は高く2021年4月16日には5,420円を付け、せっかくのチャンスを逃す結果となってしまいました。上場7カ月で初値から2.6倍です。初値は売りでなく買うべきでした。

 

株価は4月をピークに8月4日には3,450円まで下落しましたが、8月10日の業績増額修正で4,000円に持ち直していました。ところが9月15日の公募・売出しの発表で株価は再び4,000円割れとなりました。57万株のPO(公募価格3,957円)が上値を抑えるかもしれませんが、時価は買いと判断しました。

f:id:JANAL:20211016085641p:plain

 

にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

PHCホールディングス(6523)、初値で売却

PHCホールディングス(6523)は、本日(2021年10月14日)の上場初値3,120円で保有300株をすべて売却しました。売却受取金額930,789円-購入代金975,000円(3,250円×300株)=▲44,211円の損失になりました。残念ですが、次に何か良いことがあると期待します。

 

にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

日本郵政(6178)、売出しに応募しようか悩む

日本郵政(6178)の売出しに応募するかどうか悩ましいです。既にお腹一杯の状態で、保有してからの株価は全くのダメダメ。年間50円の配当はあるものの、それだけでは株価低迷をカバーできていません。

 

会社側は2026年3月期まで年間50円の配当を約束しています。従って5年間は減配の心配はありません。また政府保有株の売出しは今回が一応最後となるので、次回以降の売出しを懸念することもありません。本日(2021年10月13日)の引値932.6円に対する利回りは5.36%です。配当利回りの比較対象は、日本郵船(9101)9.38%、商船三井(9104)8.21%、JT(2914)5.74%、ソフトバンク(9434)5.62%、武田薬品(4502)5.58%、そして累進配当を公約している三井住友フィナンシャルグループ(8316)5.18%あたりでしょうか。

 

来期以降の配当を予想するのが難しい日本郵船(9101)と商船三井(9104)、配当性向の高いソフトバンク(9434)と武田薬品(4502)、今期減配のJT(2914)は、日本郵政より利回りが高くても妥当な感じを受けます。5年間配当公約の日本郵政(6178)5.38%か、累進配当公約の三井住友フィナンシャルグループ(8316)5.18%か、これもいい勝負の印象です。

 

かなり悩ましいというか妥当、公平な株価位置での売出しといえそうです。ちなみに日本郵政は3月一発50円配当なので、この半年だけの期間利回りは高くなります。これもまた悩ましさを増す一要因になっています。値決めの10月25日までには決めなければなりません。

 

にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村

PHCホールディングス(6523)、300株取得

PHCホールディングス(6523)のIPO取得株数は300株です。申し込みませんでしたが、結局300株を引き受ることになりました。金額で100万円弱の投資です。この程度の「貢献」では「恩恵」は無いでしょう。しかし大きく投資する気はしませんでした。

 

想定価格3,700円に対して仮条件は3,250円~3,500円と窓を開けて下振れ、公開価格は下限の3,250円で決定しました。ファンドのEXIT案件で吸収額は700億円以上、これは相当厳しい船出になりそうです。上場日は2021年10月14日、市場は東証一部です。

 

にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

日本エコシステム(9249)、初値で売却

日本エコシステム(9249)は、本日(2021年10月8日)の上場初値で1,000株すべて売却しました。売却益は68,945円(売却代金2,188,945円-購入代金2,120,000円)でした。微妙銘柄でしたが、初値は2,200円と公開価格の2,120円を3.8%上回り、ホッとしました。

 

にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

日本エコシステム(9249)、1,000株取得

日本エコシステム(9249)のIPO取得株数は1,000株です。東証二部上場、調達額16億円、オファリングレシオ29%、想定価格2,090円に対し仮条件は2,060~2,120円、公開価格は2,120円で決定しました。VC保有はありません。

f:id:JANAL:20211005152017p:plain

いつも微妙銘柄の取得ですが、貢献度が少ないので仕方ありません。どの証券会社もこの点はとても公平です。上場日は2021年10月8日、期待するしかありません。

 

にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

行って来い、取捨選択の機会

本日(2021年10月1日)のTOPIXは1,986ポイントで引けました。9月1日の1,980ポイントとほぼ同水準です。TOPIXが31年ぶりの高値と話題になった9月前半の上昇は、あっさり帳消しになりました。個人的には帳消しどころか大きくマイナスになってます。原因は以下のような点だと思ってます。1)配当落ちが配当以上に大きかった、2)リートの下落、3)米株の下落、4)日本株売買の失敗。

 

痛いのは、4)の売買失敗です。せっかく1,000株保有していたシンプレクス・ホールディングス(4373)で利益を出せなかったり、配当前に売った高配当銘柄が日本郵船(9101)くらいで他をキープした、などが痛かったです。

 

これだけの上げと下げは、銘柄の見直しをする機会になります。しっかり保有株を眺めて取捨選択をしたいところです。

 

にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
にほんブログ村