ジャナルの株式売買・配当・IPO

ジャナルによる株式の売買、配当、IPOのブログ

第一三共(4568)の株主総会、話題の中心はDS-8201

第一三共(4568)の株主総会に参加しました。話題の中心は、開発中の癌治療薬である抗HER2抗体薬物複合体(ADC)トラスツズマブ デルクステカン(開発番号DS-8201)でした。もちろんその他の話題や質問、決議事項もたくさんありましたが、やはりDS-8201に比較的多くの時間が割かれました。

 

DS-8201は、HER2抗体トラスツズマブと癌細胞を特異的に死滅させる低分子薬物デルクステカンを当社独自のリンカーを介して結合させた抗体薬物複合体(ADC)です。※HER2とは、細胞の増殖に関するタンパク質で、過剰に発現すると細胞の増殖制御ができなくなり癌化する。DS-8201はHER2陽性の癌細胞でリンクが特異的に外れ薬物であるデルクステカンが作用する。

 

2019年3月29日にアストラゼネカとの共同開発に進展することが発表され、株価は前日の4,400円から最近では6,000円台となっています。アストラゼネカからは、契約一時金13.5億ドルを含め、開発段階に応じて総額69億ドルが当社に支払われる契約となっています。

 

今後の焦点はこのDS-8201の開発の進捗です。まずはHER2陽性の乳癌患者で、1次療法(トラスツズマブ、ペルツズマブ+化学療法剤)、2次療法(トラスツズマブにエムタンシンを付けた薬剤=商品名カドサイラ※DS-8201と同系統の抗体薬物複合体)で効果の出ない患者に対する3次療法剤として、今年度上期に米国で、下期に日本で製造承認の申請を予定しています。さらに次のステップとして、カドサイラとの直接の比較試験、HER2低出現の乳癌、また胃癌、大腸癌などへの適用、オブジーボとの併用試験も期待されています。

 

加えて、DS-8201に続く抗体薬物複合体(ADC)であるDS-1062、U3-1402も非小細胞肺癌などを対象にフェーズ1(臨床試験第一相)にあり、ADC薬剤群の拡大が見込まれます。インドのランバクシー買収で大きくつまずいた当社が、ADCで復活するかもしれません。

 

なお株主還元については、17/3期~23/3期まで配当70円+自己株取得により総還元性向100%以上を実施する予定です。

 

にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
にほんブログ村

三機工業(1961)は総還元性向70%以上を目指す

三機工業(1961)は中期計画(20/3期~22/3期)で、①年間配当60円以上、②自社株取得500万株程度、この組み合わせにより総還元性向70%以上を目標としています。20/3期の予想当期純利益は62億円、配当60円です。当期純利益の70%にあたる43.4億円を還元するとすれば、現時点での予想配当総額が35.8億円(60円×5,959万株)なので、残りの7.6億円が自社株買い余力もしくは増配余力となります。増配での還元なら12.8円分です。60円配当で利回りは4.8%となります(6月14日引値1,247円)。

 

中期計画は3年間の目標なので、初年度で70%還元をするかどうかはわかりませんが、余力を残せば2年目、3年目での還元が大きくなります。経常利益目標は、20/3期90億円、21/3期95億円、22/3期100億円です。19/3期経常利益112億円に及ばない水準ですが、財務が良好で、比較的高水準の利益確保が可能ということで株主還元を経営目標の一つに置いているのだと思われます。

 

当社の業績は、建設業界の好環境を受け極めて順調に推移してきました。受注高は15/3期以降、1,734億円、1,833億円、1,859億円、1,911億円、そして19/3期2,171億円となりました。ただし、さすがに20/3期予想は2,000億円と減速を見込んでいます。これは主に工場関係の産業用空調が減少するためです。しかしながら2,000億円という水準自体は悪くなく、90-100億円の経常利益を達成するには十分な受注高だと思われます。

 

中期計画の20/3期〜22/3期の売上高予想は、各年度とも2,000億円を前提としています。成長はなくても高水準の利益を背景に高めの株主還元をする姿勢は評価できます。ちなみに20/3期予想配当60円は普通配当です。19/3期の配当60円の内訳は、普通配当40円、特別配当20円でした。会社側が、特別配当ではなく普通配当で60円を実施するとしたことは、非常に心強いです。中期計画で60円以上という配当計画を立てていますから、それに沿った、つまりは減配はしないという宣言といえるでしょう。

 

今後の焦点は、短期的には20/3期業績が計画を上回るかどうかです。上回れば、増配と自社株買いの期待が一段と高まります。中長期的には高水準の建設需要がいつまで続くのか、そしてそれが先細りになったときに、過去に施工した空調設備のリニューアル工事で業績をどれだけカバーできるかという点でしょうか。

 

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村

ペプチドリーム(4587)の今後の注目点は?

ペプチドリーム(4587)は2013年6月に上場しました。初値は988円(株式分割考慮後)、2019年6月10日引値は5,880円ですから、6年で6倍になっています。株価は上下の波を打ちながら、しっかりと上げてきました。当社の特殊ペプチドによる創薬への期待が、着実に高まっているためだと思われます。

 

しかし一方では、特殊ペプチドの創製という基幹技術を用いて新規化合物を多くのメガファーマに提供しながら、臨床試験がなかなか進んでいないという事実もあります。この点は株価の重しとなっています。すなわち製薬メーカーとの共同研究開発契約は年に複数件あるのに、その契約先がなかなかフェーズ1(臨床試験第1相)に入らない、あるいはフェーズ1からフェーズ2移行しないのです。

 

最も開発の進んでいるブリストルマイヤーズスクイブ社(以下BMS)の抗がん剤は、数年前にフェーズ1に入りましたが、いまだにフェーズ2に移行していません。これは同剤がPD-L1ペプチドであるためと推測されます。BMSは既に小野薬品(4528)と共同開発したオブジーボという注射剤のPD-L1の抗がん剤を有しており、あえて同系統の薬剤を早く上市する必要はありません。このためBMSは、ペプチドリームから導入した技術を使って、経口剤など新規性の高いPD-L1の抗がん剤を開発しようとしているものと思われます。

 

また多数の契約先が候補化合物を持ちながらフェーズ1に入れないのは、治験薬となる環状ペプチドの製造が難しいという点にも起因していると思われます。治験薬レベルになるとGLP基準(Good Labolarory Practice)を満たす必要があります。多くの製薬メーカは治験薬の製造を外部に委託しますが、新規性の強いペプチドであるため、大手の受託メーカでもなかなか受けきれないといったケースがあるようです。ただこの点はしっかりと対策を打っており、ペプチスターというペプチド製造メーカーをペプチドリーム、塩野義、積水化学など18社で設立し、本格的な製造に備えています。なお少し話は外れますが、ペプチドリームが創薬共同研究開発をしているのは、BMS、アムジェン、田辺三菱、第一三共、グラクソスミスクライン、アストラゼネカ、ノバルティス、イプセン、リリー、メルク、サノフィ、帝人ファーマ、杏林製薬、ジェネンティック、塩野義、旭化成ファーマ、ヤンセン、バイエル、参天の19社です(契約順)。

 

またペプチドリームは、上記のような共同開発とは別に、自社開発も積極的に行っています。他社との戦略的提携により開発パイプラインの充実を図っており、具体的には、JCRファーマ(4552)との共同研究の結果、血液脳関門(BBB)を通過する特殊環状ペプチドの創製に成功し、今後は大手製薬メーカーとの連携の可能性も出てきています。またイェール大学発の技術を基にしたKleo社へペプチドリームが技術導入一時金を支払い、がん免疫治療薬の共同開発を進めています。

 

以上のようにペプチドリームの研究開発は着実に進展しています。しかし株価を動かす大きな材料が出ていないのも事実です。新たな製薬メーカーへの技術導出くらいでは新鮮味がなく、持続的な株価上昇にはなりません。今後の注目材料は、1)BMSのフェーズ1にある開発品がフェーズ2に移行する、2)ペプチスターの本格稼働による共同研究契約先の早期フェーズ1入り、3)Kleo社の開発状況、といったところでしょうか。期待しています。

 

にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ
にほんブログ村

大和ハウスリート(8984)は物流と住居が主体

大和ハウスリート(8984)の説明会に参加しました。

 

同社は2016年に大和ハウスレジデンシャルと旧大和ハウスリートが合併したリートです。大和ハウスレジデンシャルは居住施設、旧大和ハウスリートは物流施設を投資対象とするリートでした。

 

合併により現在では資産規模7,505億円の大型の総合型リートとなりましたが、内訳は、物流施設51%、居住施設33%、商業施設13%、ホテル他3%と、物流施設と居住施設で全体の84%を占めています。オフィスビルを保有しない、少し珍しい総合型リートといえます。また物流施設は大半がBTS型(Build to Suit)で、スポンサーの大和ハウスが特定のテナントのニーズに合わせて建設し、そのテナントに一棟全部を賃貸するタイプとなっています。このため契約期間が長期である事が特徴の一つと言えます。

 

予想分配金は19/8期5,170円、20/2期5,370円で、利回りは4.1%となります。なお、巡航ベース(固定資産税等の費用化後で売却益などのない通常ベース)の分配金は、6カ月で5,270円です。合併後の巡航ベースの分配金は、16/9期の4,700円から2年半で12%増加したことになります。この要因は主に、合併後3回の公募増資により資産規模の拡大に成功したためです。スポンサーである大和ハウスの開発パイプラインは、物流施設を中心に4,000億円ほどあり、今後も規模の拡大を図る方針です。

 

一方、投資口価格は他の総合型リートと比較して、低い上昇率にとどまっています。これは賃料上昇が顕著なオフィスを保有していないこともありますが、もっと大きな要因は、合併時に発生したのれん代と内部留保の関係にあると思われます。

 

同社は19/2期末現在、合併によるのれんが694億円あります。合併後20年間にわたって毎期20億円づつ償却していきます。この償却分を現在は89億円ある内部留保の取り崩しにより補い分配金に影響のないようにしていますが、内部留保が枯渇するため、この方法はあと数年しか出来ません。

 

このため数年後にはのれん償却額相当分を、今度は利益超過分配により補う方針です。物件の償却費の多い物流施設を多く持つためそれができることは強みではありますが、やはり利益超過分配金は資本の払い戻しであるため、多少嫌われる面があると思われます。物流リートや太陽光インフラファンドでは一般的ですが、出来れば通常の利益からの分配金の方が好ましいと思います。頂く分配金に色はありませんが、このあたりの懸念が投資口価格の重しになっているのでしょう。

 

投資口価格対策として、2019年秋から大和ハウスの社員に対して持投資口会制度を導入します。積立額に対し5%を報奨として上乗せし買い付けます。大和ハウス社員16,000人がどれだけ制度を利用し、1人月額どの程度買うかは未知数ですが、もともとの分配金利回り4%と報奨5%の上乗せはかなり魅力的に感じます。私が社員ならぜひ参加したいと思います。

 

f:id:JANAL:20190606200424p:plain

 出所:SBI証券

 

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村

要興業(6566)の説明会に参加しました

要興業(6566)の説明会に参加しました。同社は2017年12月に東証2部に上場した廃棄物の運搬事業者です。IPO価格は750円、初値は950円でした。

 

主力業務は、東京23区内での一般廃棄物、産業廃棄物の収集運搬・処分事業です。車両台数は300台で、契約先はビルメンテ、ビルオーナー、店舗、メーカーなど3,177社、そのほか行政からの受託、リサイクルも行ってます。

 

23区内トップ企業で、シェアは10%程度と推測されます。7,500の収集拠点と自社のリサイクルセンター8ヶ所や行政の清掃工場19ヶ所を路線化して、効率的な収集を行なっています。品質とコンプライアンス、上場企業であるという信頼性から、顧客数は順調に伸びています。このため売上高は17/3期以降、100億円、108億円、113億円、そして20/2期は118億円となる見通しです。

 

ただし、昨年から廃プラスチックの処理コスト著しく上昇してしまい、営業利益は17/3期以降、10.3億円、11.4億円、10.2億円、そして20/3期は9.9億円と伸び悩んでいます。これは中国が廃プラの輸入を大幅に抑制したためです。一方、このコストアップを完全に価格転嫁することは難しく、利益率の低下につながっています。

 

シェア拡大による効率的な収集や規模拡大による処理施設の合理化などで、利益率をさらに上げる必要があると思われます。時代のニーズにあった業務だけに成長を期待したい企業です。

f:id:JANAL:20190530214508p:plain

出所:SBI証券 

 

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

総会雑感

最近、数社のリートの投資主総会に出席しました。また3月決算の事業会社の株主総会招集通知も届き始めました。雑多な感想を書きます。

 

リートの投資主総会

 

リートは決算期が3月に集中しておらず、1月から12月まで、かなり決算期がばらけています。従って出席しやすいです。さらに、午前10時開催だけでなく午後開催もあり、この点もありがたいです。例えば、5月23日は午前中にザイマックッスリート(3488)、午後に野村不動産マスターファンド(3462)の投資主総会が開催されました。リート間で事前に相談しているのか、重複することはほとんどありません。3月決算の事業会社の株主総会とは全く違い、投資主に参加して欲しいという気持ちが感じられます。役員や定款変更などの議案採決の後、運用状況説明会を開催していただけるケースが大半で、これも非常に参考になります。

 

私は今回2月決算の投資主総会に5社ほど参加しましたが、参加投資主でけっこう同じ顔ぶれを見かけました。遠方から一週間泊まりがけで来ている方もいらっしゃいました。また、同じテーマで同じ質問をする投資主の方もいらっしゃいました。

 

お土産については少なく、反対派の私としては良い事だと思いました。少し残念だったのは、野村不動産マスターファンドで、招集通知には「お土産は廃止しました」とあったのに、小さなフェイスタオルが運用状況説明資料に同封されていました。在庫処分でしょうか。

 

事業会社の招集通知

 

相変わらず、開催日はすごく重複しています。開催時間も図ったように10時スタートです。参加してほしくない度100%と言わざるを得ません。せめて何社かは午後開催にして頂きたいものです。昔は総会屋対策の面もあったのでしょうが、今はもうそんな必要はないと思いますし。

 

アステラス製薬(4503)の招集通知には「昨年からお土産を取りやめさせていただいております」とありました。昨年に続く再度のお知らせで、お土産期待を持たないように徹底しています。あと東京エレクトロンは、招集通知と一緒に配当金の通知が送られて来ます(他にも同様な事業会社があります)。これは、①配当金が早く頂けて嬉しい、②後で配当金の通知だけの郵便物が来ないのでゴミの減量になる、という2点で良い事だと思います。

 

さて、今年はどの総会に出席するか悩ましいところです。1)保有金額、2)初めて参加する総会、3)新社長、4)LIXILのような問題の多そうな総会、5)保有、買い増し、売却のための判断、こんなところが参加の動機づけになります。

 

今のところ、委任状争奪戦になりそうなLIXIL(5938)は最優先での参加を考えています。

ヒューリックリート(3295)の説明会に参加

ヒューリックリート(3295)の投資主総会と運用状況報告会に参加しました。同社は、主に東京都心のオフィスと商業施設に投資するリートで、19/2期末の資産規模は50物件、3,069憶円です。5年前の上場時は1,014億円でしたから、5年で3倍に拡大したことになります。

 

予想分配金は19/8期、20/2期とも3,410円で年間6,820円、利回りは3.7%となります。資産規模、スポンサーなどから考慮すると、まずまず妥当な感じでしょうか。

 

スポンサーは芙蓉グループ系の不動産大手ヒューリック(3003)です。芙蓉系の不動産大手には東京建物(8804)がありますが、ヒューリックの上場は2008年で、ここ十年で大きく伸びた不動産会社です。当初は富士銀行の店舗の建て替えや、遊休地の開発などを行っていましたが、上場以降はそうしたビジネスに加え、大型物件の売買をリスクを取って行い、これがアベノミクスの波に乗って奏功しました。リートビジネスも早急に立ち上げ、ヒューリックリートを2014年に上場させました。

 

ヒューリックの時価総額は2008年の上場時には数百億円たらずで、東京建物より小さかったのですが、積極的な拡大策により業績を伸ばした結果、現在の時価総額は5,915億円と、東京建物の2,643億円の2倍以上となりました。大手不動産としては稀にみる成長です。

 

その成長の一翼を担ったのが、ヒューリックリートです。2014年2月上場時の公募増資以降、2014年11月、2016年3月、2016年10月、2017年10月、2018年10月と5回の公募増資を実施、ヒューリックから多くの物件を取得しました。すなわちヒューリックは物件売却により業績を伸ばし、ヒューリックリートは公募増資により物件を取得し、資産規模を拡大させたわけです。

 

ただし、分配金の伸びが資産規模の拡大ほど伸びている印象はなく、巡航分配金(売却益や固定資産税・都市計画税を考慮した実力ベースの分配金)は、17/2期の3,300円台後半から大きくは伸びていません。

 

今後は、同社の保有物件が都心6区で82%を占めていること、LTV(借入金比率)が43.2%で45%まで引き上げれば100億円の取得余力があることなどから、分配金の増加が期が待できるかもしれません。ちなみに同社の保有するオフィスと商業施設は、駅徒歩1分以内の物件が71%を占めており、この点も競争力の証左になると思われます。

 

なお芙蓉系、みずほ系リートとしては、日本プライムリアルティ(8955、スポンサーは東京建物)、Oneリート(3290、同みずほ信託銀行)などがあります。Oneリートについては、過去の記事をご参照ください。

 

www.janal.work

 

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村